実行

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

自分が自分のボスになり管理して行動する

ウィンーウィンのパートナーシップとはどのような人間関係のパラダイムなのでしょうか?
それは上下関係や、監督が目を光らせるのはでなく、自分は自分のボスになり自らを管理して行動する事です。

Win-Winの実行協定

信頼関係を築けた間柄の人とは、共通の目的に向かって進む事ができます。
ですが、この時に互いにはっきりとさせておくべき事があります、それは以下の5つの事です。

  1. 望む成果
  2. ガイドライン
  3. リソース
  4. アカウンタビリティ
  5. 評価の結果

これら、5つの事を互いに明確にしておく事がとても重要です。

望む成果

Win-Winのパートナーシップを主体的に進めるには
まず最初に望む成果について明確に決めておく必要があります。
2
Photo image by We Heart It
つまり、『いつまでに何を達成するか』です。
膝を突き合わせて、ご飯を食べながら、お風呂にでも入りながら、飲みながら、なんでも良いです。
○○までに××を頼むよ!という一言で締められれば良いのです。
この時に注意してほしいのは、手段を決める必要はないという事です。
互いの信頼関係があれば手段について議論をする事はないのです。

ガイドライン

次に、先の望む成果を達成する際に守るべき基準があるかないか?
あれば、その基準はどのようなものかを決めておく必要があります。
これは、互いの目標達成の方針やルール、規則を指しています。
例えば、優先順位や考え方、必ず守る事などを決めていきます。

リソース

望む成果を達成するために使える人員、お金、技術、組織のサポートについても決めておく必要があります。
たとえ、お金や人が足りなくても、どのくらい足りなくて、その人物はいないにしてもいずれ必要である事などを確認しなければなりません。
つまり、必要なリソース、コストの現状と将来の認識合わせという事になります、リソースとコストは望む成果とセットで決めなければならず、成果を達成する為に必ず必要であることを確認します。
換言すれば、必要なリソースを確保できれば、成果の達成見通しは随分と良くなるともいえます。

アカウンタビリティ

信頼関係の上に成り立つウインーウインパートナーシップには必ず報告義務があります。
これはお互いに発生しているもので、定期的に報告の場の予定を組んでおくと良いです。
例えば、月に1回進捗を報告し、半年に一度結果を、事前に決めておいた基準に従って評価するというものです。
つまり、望む成果を約束をする際に、いつ何を報告しどんな基準で評価するかという認識をあわせておく必要があります。
評価基準を明確に決めてあるからこそ報告がとても重要な意味あることになるのです。

評価の結果

最後に、先の評価の結果、達成度合い、貢献度合いに応じてどのようになるかも決めておく必要があります。
例えば、未達成の場合はパートナーシップの解消、つまりお別れして新しいパートナーを探す事も予め決めておく必要がありますし、逆に達成をしていれば、新たな提案ができるという約束をする事もありです。
それは、ちょうどプロ野球選手がシーズンを終えて実績結果に従い年俸更改や戦力外通知を受ける事と同じです。

これら5つの協定が結ばれれば、『正式な実行協定』となり、関係者全員が了解して同意していれば、自分の仕事の結果が成功なのかどうかをそれぞれ各自、自分で判断できるようになります。
つまり、自分のボスが自分になり、仕事を管理し、自ら行動すると言う事です。



この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

究極の時間管理

時間管理の本質は『優先順位をつけ、それを実行する』に尽きる。

時間管理の第1世代

時間管理の第1の波は、メモやチェックリスト、アクションプラン、ToDoListなどの第1世代である。
私たちの時間と労力を必要とする多くの物事を確認し、忘れずにいる為の工夫である。
これは、時間管理の最初の波であり、波がおきる始まりを示している。
あなたも手帳やタスクリスト、チェックリストなど数多くのツールのなかから何かしらの方法で時間管理をしていると思います。

時間管理の第2世代

時間管理第2の波は、予定表やカレンダーなどの第2世代である。
これは、将来を見据えて、つまり未来の時間を管理しようとする試みである。
将来の活動や出来事の予定を立てる事で、未来の時間を管理できるようになる。
あなたもカレンダーや手帳は常に持ち歩いていると思います、そして先のチェックリストやメモはこれらのカレンダーに書き込まれる事によって、未来の予定が立てられる事になるのです。

時間管理の第3世代

時間管理第3の波は、今の世代である。
前述の2つの世代に、『優先順位付け』『価値観の明確化』が加わる。
明確にした自分の価値観に照らし合わせ活動の重要度を測り、優先順位を決めようとする考え方だ。
さらに、この第3世代は目標設定も重要視する。
長期、中期、短期の目標を具体的に立て、自分の価値観に照らし合わせその目標の達成に時間と労力をかける。
毎日のスケジュールを立てる事も第3世代の考え方だ。
いま、手帳やカレンダーをみてるあなたが時間管理の第3の波なんです、さて、スケジュールには入っているが、ブッチをしてしまう事もあり得ます、優先順位の高い事に時間を使うためスケジュールを変更する事もあるでしょう。
ここで最もストレスなのは、自分の時間を自らの価値観に照らし合わせた優先順位どおりに使えない事です。つまり、時間を誰かに買われてしまっている状態です。
この状態では、時間管理の波がぐちゃぐちゃになり、崩れる波にのまれ、もみくちゃにされ、結果あなたは溺れてしまうでしょう。
一方で逆に、時間管理第3の波、つまり重要度の高い順に優先順位をつけることができれば、あなたは見事に第3の波にのり、波に溺れる事なく飛躍的に前に進む事ができるでしょう。

時間管理の第4世代

最後に、今の世代を超越する第4の時間管理が存在する。
1
Photo image by We Heart It
その第4の波はモノや時間に重点を置かない、人間関係を維持し、強くする事で結果を出す考え方である。
波をつかむ力、結果波に乗った状態を創りだす力を持つ事である。
換言すれば、成果と成果を生み出す力のバランスを維持することである。
重要な事は時間を管理するのではなく、自分自身を管理する事だ。
私たちが満足できるのは、自分が期待した事を、期待通りに達成できた時です。
自ら何を期待するかをもコントロールできれば、もはや時間管理の概念すら必要ではなくなります。



この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

マネジメントはリーダーシップに従う

現在は行っていないがもし日頃から実行していれば、あなたの私生活を大きくポジティブにかえると思う事をひとつ上げてください

リーダーシップ

リーダーシップは、自分が進むべき道を示す事です。
リダーシップを発揮するのは右脳の役割であり、それはアートにも似ている営みである。
この芸術にも通じるリーダーシップは、哲学がベースにあり、あなた自身が自分の人生がどうあるべきかを、自分に向かい問い続け、その究極の問いにたいする明確な答えを示さなければならない。

6
Photo image by We Heart It

マネジメント

リーダーシップとマネジメントは全く違うものです。
マネジメントは、道を正しく効率的に進む事です。
リーダーシップは正しい事を行う事であり、マネジメントはリーダーシップに従い正しく行う事です。
自分自身の方向性が定まっているのであれば、その方向に進むにふさわしい生き方ができるように、自分自身を効果的にマネジメントする必要があります。
マネジメント能力の差で、現実に生み出されるモノ、アウトプットは大きな違いを生みます。

右脳と左脳の役割

マネジメントは左脳の役割であり、その役割とは効果的な自己管理を行い、作業を細かく分解し、分析し、順序だて、具体的に応用し、時系列で物事を取り扱っていく。
だが如何に優秀な左脳がマネジメントを司っても、右脳のリーダーシップがなければ、つまり正しい方向に進まなければ、どれだけ進んでも、どんなにアウトプットを出しても意味がなくなってしまう。
あなた自身の人生の効果性を最大化するには、右脳のリーダーシップ、左脳のマネジメントの両方が必要となります。

重要だが緊急ではない事

さて、最初の質問にもどります。
いまは実行できてない、あなたの人生を劇的にポジティブに好転させるやるべき事は何ですか?
その答えは、生きる力や、健康になる事、稼ぐ力をつける事、人間関係構築、新しいチャンスを探す事、準備や計画、心身をリラックスさせる事など様々あると思いますが、どれにも共通していえる事があります。
それは『緊急ではないが重要である』ということです。
家族の未来を考える事、家族と仕事の未来を考える事、家族と仕事の計画をつくり振り返る事、どれも緊急ではありませんがとても重要なことです。
そしてこの緊急ではないが重要な事を習慣として推し進める為には、常日頃から右脳のリーダーシップと左脳のマネジメントが必要になるわけです。



この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

脳を鍛えよ!進化とは何を強め育んでいくかである

私たちは、家庭では両親や家族から、学校では先生、先輩達から、大学では教授や同士から、社会では社長や上司、同僚、部下、お客様、取引先からの無償の愛で脳を鍛えられ育ちます。

同族意識の中で進化を模索する

私たちは生まれた直後から沢山の人に囲まれ多くの体験をするわけですが、家族や家系のDNAには、脳にプラスに作用するトレーニングが組み込まれています。
そのトレーニングは地球人、日本人、東京都民、世田谷区民、近所、学校、クラス、同級生、○○家、家族、兄弟、親友、○○業界、会社など様々な同族意識の中で無償の愛に従って行われ、同族内では進化の為の適応能力の差別化や資質の伝承を行っています。
これらの同族意識の進化、DNA、継承は脳を鍛える為のトレーニングであり、あなた自身が脳を鍛え進化していると考えられます。

一生続く基本脳トレ5つ
  1. ワーキングメモリー
  2. ミラーニューロンシステム
  3. NO-GO(ノーゴー)
  4. ストループテスト
  5. ドーパミンシステム

あなたは一生涯を通じて脳を鍛えていくわけですが、この5つをバランスよく鍛える事がとても重要です。例えばスポーツなどの身体の動きでいえば、上半身だけとか、腹筋だけ鍛えても駄目です、バランスよく全ての身体の筋肉を鍛えないと、動きがいびつになり、アンバランスな動作しかできなくなる事と考えるとイメージしやすいと思います。

12
Image photo by We Heart It

ワーキングメモリー

一次記憶を鍛えるという事です、いないいないば〜から始まり、お使いや読書など、様々な情報を記憶をし、それを忠実に実行します。一次記憶ですから実行すると忘れてしまうのですが、これが鍛えられていくと、電話番号を記憶するように長く継続できるようになります、さらに続けると最終的には考える事ができるようになるのです。
例えば、会社に入りたての新人は、仕事を始める際にまずは業界用語や個別の仕事の内容、上司や客先の様々な情報を覚え短期記憶をトレーニングします、そして2〜3年目で長期安定記憶ができたら、独り立ちして仕事が考えられるようになるのです。

ミラーニューロンシステム

見て、聞いて、触って、行動して、理解して、真似をする、脳内システムです。
見よう見まね、先輩の背中を見て育つとの最大の違いは『理解して真似る』と言う事です。
つまり、ミラーニューロンの結合は自分や相手の意図や心を理解する事を指しています。

  • 仕事ができるようになりたいなら自分より仕事ができる人と
  • スポーツで強くなりたいなら自分より強い選手と
  • 所得を増やしたいなら自分よりも所得の多い人と
  • 幸せになりたいなら自分よりも幸せな人と
  • 笑顔になりたいなら自分よりも笑顔が素敵な人と
  • 頑張りたいなら自分よりも頑張る人と

一緒に過ごしミラーニューロンシステムを鍛えれば良いのです、その際には理解する事(脳神経細胞を繋ぐ事)を忘れないでください。目線の動きから意識をそこに向けた意図を理解し、手を動かしたらメモをとった意図を理解し、口を開けたら話そうとした意図を理解してください。

NO-GO(ノーゴー)

NO-GO(ノーゴー)とは積極的にしない事をいいます。
マイナスに作用する慣習や、リスクが多い行動をしようとした際に積極的にやめる事を鍛えます。

  • さぼうろうかな。。。
  • 手を抜こうかな。。。
  • 報告しなくてもいいかな。。。
  • 相談面倒くさいな。。。

あなたは親や先生、またはお客様や上司などから、さぼらなかった事、手を抜かなかった事、報告した事、相談した事を評価され、ほめられる事で脳を鍛える事ができます。また、駄目だ、悪いと分かっている事をリストアップすることで積極的にしない事を明確にする事ができます、この作業は多くの周りの無償に愛に応える為に必要な事です。

ストループテスト

成果が出る行動は会って話をする事か?電話か?メールか?
いづれかの選択肢の中から正解を素早く選ぶ課題を繰返すと、物事の選択と決断が早く、正確になります。アメリカ人が一日に下す選択は平均70個、CEOは1週間に139個の意思決定を行っており、その半分は9分以内に行われており1時間以上費やしているのは12%です。
繰り返しの選択行動により脳が鍛えられ、やがてミスが少なくなり、器用に素早く、描いたり、話したりする事ができるようになります。

ドーパミンシステム

私たちは褒められると『ドーパミン』が分泌され脳がよく働くようになります。
脳を鍛えできるだけ多くの人から褒めてもらいましょう、成果がでたら自分の脳を褒めてあげてください、ドーパミンを沢山与えてください、やる気や達成感を感じる事ができると思います。

脳を鍛えるチャンスは無限かつ無償

私たちは家族や同族意識の無償の愛の中で、脳を鍛えるチャンスを与えられています。
この無限かつ無償のチャンスの中から誰から何を受け継ぎ、何を育んでいきたいか?
これこそがあなたが強めていく個性であり、DNAであり、後世に引き継ぐ資質、つまり『あなた』なのです。



この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

無駄なエネルギー消費が意志の力を弱くする

意志の力が強い人は自分勝手ではありません。自分の意志を通す為には相手の事を自分以上に知り、相手に納得してもらい、その相手の協力が必要だからです。

意志の力

意志の力とは、
あなたの考え方、則ちその結果である行動や実績を
あなたの計画を助ける為に変えていく力です。

揺るぎない意志を貫く為には、夢を実現したいと感じる直感
から具体的で精緻な計画を準備する必要があります。

計画の練り方

計画を練ると言います。
つまり、計画は何度も何度も多数の協力者の意見や情報を集め
混ぜ合わせ、煉り固めるのです。

計画を練るには、

  1. 1人で基本骨子や具体例、試作品などを練り
  2. それに対して沢山の意見を聴き、最新情報を加え、協力者と練り混ぜ
  3. そしてまた1人で練る。

このプロセスを何度も何度も繰り返す必要があります。
練れば練るほど良くなります。そしてやがて練っても練っても変わらない状態を確認できたら
それが計画の最終形という事になりますが、多くの場合は練りながら最初の計画を実行していきますので
実際には継続して計画をブラッシュアップする事となります。

無駄なエネルギー

このようにして、協力者を巻き込んだ計画を実行する際には
当然、協力者の理解(納得)が求められます。
ですが、現実にはあなた1人で練り込んだ計画部分や
自分の計画を説得して進めようとする気持がどうしても抑えきれずに
わがまま、自己中心的になりがちです。

8

この時に、あなたは結果に結びつかないエネルギーやパワーを使っている事を知っていますか?
あなたはこの瞬間、イソップ童話の『北風と太陽と旅人』の北風になっているのです。
無理にマントを吹き飛ばす北風ではなく、太陽になれば良いのです。
自分の計画を相手に受け入れてもらう為に、つまり納得してもらう為には、
計画だけでなくあなた自身も信頼してもらえれば良いのです。

エネルギーを持続させる

無駄なエネルギーやパワーを使っていると、やがてあなたのエネルギーは持続不可能となり
意志の力が失われていきます。

協力者を説得しようとする気持が意志の力を失わせる。

どうすればエネルギーを持続できるのでしょうか。
それは、相手や協力者の立場や状況を考え、相手や協力者を計画に練り込み
信頼関係を築き上げた後に精緻な計画を納得してもらうのです。
時には計画を修正しても構いません。
重要な事は自分1人で周りを説得しようと気張らない事です。



この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

責任感はあっても責任は取れない

私たちは色々な場面で責任感のある人、無い人、強い人、弱い人などと話すことがありますが、
この責任感とは何か分かりますか?
そしてあなたは、身の回りの多くの事に責任を感じますか?
もしくはなんらかの責任を恐れた事はありますか?
責任感がない?って

あなたはこれまで『責任感がない』といわれた事はありますか?

このようにいわれる背景はその発言者との関係であり、
この会話事態は不毛なのです。

そもそも責任感は本人の話なので他人から言われる事ではありません。

つまり、責任は前提として自己責任とセットであり、
感のほうは本人の意志の話ですから、
他人から責任感が無いといわれるのは、

  • 純粋に能力や知識、経験が無いといわれているか、
  • 責務の依頼条件、前提や、成果物の認識が一致していない

という事になります。

責任感は強いと思います

例えば、
子供が欲しいから、育てたいから、家族になりたいから子供を生みました(つくりました)。
であれば、子育てに対する責任感は強くなります。

6

一方で、できちゃった結婚の場合
子育てに対する責任感は、子供ができた事を知ったその直後からの自身の考えにより決まります。

お給料の為に、やりたくない責務、自分の能力が発揮できない責務を
任せられるか問う場合も同様に、その責務にたいしての自分の考え方で責任感は決まります。
要するにコミットする、しないという事です。

また、責任感の強さ、弱さという事で捉えれば
本人のやる気や、好奇心、向上心と関わってきます。
自ら楽しそうだ、やりたいと思えれば責任感は強くなります。
要するにこちらはコミット具合、動機ということになります

責任感はあっても責任は取れない

ところが、責任感があるからといって、
任された仕事が完遂、達成、期待する効果を発揮するとは限らないのです。

先の例で言えば、
子供が欲しくても、なかなかできなかった夫婦に待望の子供が生まれた場合
子育てにの責任感は強いかもしれませんが、
必ずしも子供が育つベストな環境を提供できるとは限りませんし、
立派に成長する保証もないのです。
逆に、過保護や子育てに対するプレッシャーなどが悪い影響を及ぼす事も考えられます。

与えられた責務に対し、責任感だけが先行し、
業務量に対する正しい見積もりや能力以上の妄想を抱き、
現実とのギャップを突きつけられたとき、成果の隠蔽や品質低下などの悪い結果を引き起こすこともあります。

多くの人は、この『責任感がある事』『責任を取れる事』を区別していないのです。
そして、物事の完遂には『複数の人間が責任を取った結果』が必要と言う事も忘れがちです。

1人で完結する仕事を除いては、責任は役割分担(職能別、上司、部下など)の中で果たされていきます。

責任感のある上司が、責任をとって辞任する事は全く意味がありません。
責任感があるのなら、後任に引き継ぐ新体制を整えるなり、
追加予算の捻出や私財を投入してでも、仕事を完遂するべきなのです。
つまり、責任感とはプロセスや頑張りに対しての意志ではなく、結果への意志とその行動力なのです。

業務遂行能力

責任感が強いとは、与えられた責務に対して見通しがよく、
責務遂行に対する意思決定、課題解決方法の考案、立案、計画実行の具体的能力を有する事を意味します。

つまり、これらの事を実現する為に主体的に時間を使う意志を責任感と呼ぶのです。
または、責任を取れるだけの財産や、知識、経験、能力を有しており主体的にこれらの資産を使う事を指します。

責任感が強い=業務遂行能力が高い

 

責任感がある人は、業務完遂の確立が高いという事です。
責任感を持てる人は、業務遂行の為の資産や能力を有しているという事です。
責任感が高い人は、自分自身の業務完遂への意志と時間の使い方(行動)を高い次元でコントロールできるという事です。



この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

自分の計画実行を助け、成功させる技術

質問です。

大好きな恋人と旅行にいくとき、
仲良しな家族で遊びにいくとき、あなたは計画を立てますか?

計画する方は、旅や遊びに目的と目標があるのでしょう。
目的、目標を実現するには計画をたてなければなりません。

計画を立てない方は、不明、行き当たりばったりの偶発性を期待して
あえて、ノープランで挑むということでしょう。

ちなみに、計画を立てても立てなくても、結果起こる事実は一緒です。
予測した事が確実に起るのか、予想外の結末なのか?
そもそも不明な事が旅を終えて、遊び疲れて帰ってきた時に事実になるかの違いです。

1

さて、あなたの人生計画の話をしましょう。
あなたの人生も旅や遊びと同じように目的、目標がありますか?
もしあれば計画を立てた方がよいでしょう。

ちなみに目的と、その目的を達成する為の通過地点である目標には

  • 時間を間に合わせる:いつまでに、
  • 数字を達成する:いくらで、
  • 方針を決める:なにする。

があり、それらは以下3つの計画に対応しています。

  • 日程計画:スケジュール
  • 予算計画:お小遣い
  • 仕様計画:遊びや旅のアクティビティ

人生の計画を立てる時は、まるで夢をみているかのようにワクワクする気分になりますが、
あなたがこれらの計画を実行する際には気をつける事があります。
それは、計画外の事に直面した際に、計画を忘れ短期的な感情の判断で行動をしてしまう事です。
これをやると計画と対応していない結果や事実が現れるので
対処できずに放置、やがては当初の計画がなし崩し的に自然消滅してしまうのです。
これでは、せっかく見つけた人生の目的や目標の達成、夢の実現はできません。

計画は一度つくったら変更できないなんて事はありませんから、
常に修正し、メンテナンスをしていきましょう。

そのためにも、計画通りに実行し、計画に沿って結果、事実を受け入れ
適切なリカバリーをしながら、さらに計画をブラッシュアップしていけば良いのです。

あなたの計画を実行するのに、助けが必要であれば
家族、友達、仕事の仲間、これから出会う人、ありとあらゆるモノに助けを依頼してください。
あなたはひとりではなく、周りの人の助けを借りてあなたの計画を実行できるのですから。